採用情報先輩社員インタビュー

多様な個性・経歴をもった先輩社員に、
職場環境や思いについて語ってもらいました。

INTERVIEW 05寺田麻慎

「会社に行くのが嫌と思ったことは一度もない」という入社2年目の若手社員。
どんなことにも手を抜かず真剣に仕事に取り組む姿勢と、優しく柔らかい雰囲気で社内の人気者。慣れないインタビューに、はにかみながら答えていただいた。

広告で人が動く。その影響は大きい。
それがこの仕事を選んだ理由です。

学生時代に2年間、コールセンターで商品受注のアルバイトをしていました。このアルバイトで気づいたことがありまして、新聞広告や折込チラシが入った日は電話の数が急に増えるんですね。それまで、あまり意識することなく広告に接していましたが、こんなに大きな影響を与えるものなんだと。ペットショップや飲食店でもアルバイトをしましたが、そこでも同じ。やっぱり新聞にチラシが入った日はお客様が目に見えて増えました。広告って面白いなあ、と興味を持ったのが読宣に入社した理由です。
入社後、新入社員研修が1週間ほど、それとは別に読売グループの東京研修もあります。その研修を経て実際の業務に就くのですが、最初は先輩に同行して得意先を回ったり、新聞折込広告の手配業務を覚えたり。
昨年の10月から自分の担当企業を引き継ぎ、私なりにいろんな提案をさせていただいていますが、まだまだ覚えないといけないことばかりです。今年入社した後輩にも、あなたたちと全然変わらないよ、と言っています。

目標にする先輩がたくさん。
もっともっと吸収していきたい。

社内にはいろんな先輩がいて学ぶことは多いです。それぞれ見習うべきところをお持ちです。例えば、お客様に提出する資料の作り方がすごいなあと思う先輩がいます。お客様がぱっと開いたときに見やすい、というだけでなく、たぶんお客様はこの資料をコピーされるだろうということまで考えて作られてあります。そういう先輩方ですのでお客様ととてもいい関係を築かれています。私が引き継いでもとても仕事がやりやすいし、私は私で、お客様と新しい関係を築いていきたいなと思っています。
この会社は女性だからできない、女性だからこうしなければならない、ということがひとつもない会社です。営業部の女性の先輩もバリバリ仕事をこなす、かっこいい方ばかりで憧れますね。いつか私も・・とは思っていますが、そのためにはやはり実績を残すこと。社内には表彰制度があり、社歴に関わらず売上げや新規獲得によって毎月表彰されます。私を含め同期は全員表彰されたことがあり、それぞれの仕事による成果を細かく見ていてくれて、モチベーションアップに繋がるとてもいい制度だと思います。たまに集まって飲み会を開いたりしますが、同期はライバル意識というより仲間意識。担当する企業によって業務内容がまったく違うのでその情報交換をするなど刺激を受ける存在です。

お客様からの「注文が増えた」との
返事でやりがいを感じます。

毎日が楽しく感じるのは、自分がした仕事の結果がとてもわかりやすいカタチで出るからだと思います。折込やWEB広告を提案して、お客様から「注文が増えたよ!」とご連絡いただくと本当に嬉しく思いますし、やりがいのある仕事だなあと感じます。もちろん、いつもいい返事ばかりではありません。あまり効果がなかったと言われることもあります。でも落ち込んでいるだけではなにも生まれません。エリアは、ターゲットは、媒体は正しかったのか。しっかり分析して、次の提案に生かさないと。より深く考える機会を与えられたと捉えるようにしています。

そうやって前向きに仕事をしていると私の提案を採用していただくことも増えてきました。これまで、いくつかのお客様に提案してきたWEB広告がやっと実現できました。社内でもはじめての提案だったのですが、媒体だけでなくランディングページや注文フォームの制作まで任せていただくことができました。
営業の仕事はお客様から信頼されて、そこからスタートするのだと思うようになりました。なんどもなんども出向いて、お話を聞き、いい関係をつくり、そしてお客様が抱えている課題を相談していただけるようになる。やっぱりこの仕事は楽しいですね。

当社の採用について

ページトップへ
広告をご検討の方はお気軽にお電話下さい。
専門スタッフがご対応いたします。
0663679000