たねまき

「ちらしの可能性を広げたい」
私たちが種を撒き、企業様とともにたくさんの花(ちらし)を咲かせ、生活者に笑顔を届けます。
2019年07月31日
フュージョン

19年上半期の折込広告出稿調査 関西地区

 

前年比3.4%減 7年連続のマイナス

 

 

 

1.月別折込枚数と前年比の推移

 

 関西地区における2019年上半期(1~6月)の折込広告出稿量(枚数)は前年同期比で3.4%のマイナス

となり、枚数では84.0枚減少した。

 月別に見ると、’16年5月から今年の3月まで続いていた長いトンネルを4月には小売業の出稿が好調と

なり抜け出したが、5月・6月は再び前年割れとなり、依然として厳しい状況が続いている。

 

 

 

2.地域ブロック別

 

 すべてのブロックが前年を下回った。上半期では5期連続で枚数が最多の「奈良」が今期は7.2%減とな

り、枚数トップから転落。変わって下げ幅が最小の「神戸・阪神」が最多枚数となった。

 「大阪北部」「大阪南部」「神戸・阪神」は7期連続、「奈良」は6期連続、「京滋」は3期連続の前年

割れとなった。

 

 

 

3.主要業種別

 

  ■プラス業種

   家電は2年連続で増加

   外食・ホームセンターは、3年ぶりのプラス

    家電 +6.4% 外食 +5.0%

    ホームセンター +0.2% 求人企画 +0.2%

  
  ■マイナス業種

   不動産仲介が2割近いマイナス

   最多枚数のスーパーは3年連続の減少

    一般金融・保険 -25.5% 不動産仲介 -19.6%

    旅行 -19.0% 時計・眼鏡・貴金属 -15.7%

    理美容 -14.9% 新車販売 -14.5% 戸建て 13.2% 

    塾・予備校 -13.0% 遊戯・娯楽 -9.6%

    文化・カルチャー 7.0% 特殊飲食料品 -3.4%

    スーパー -3.1% 百貨店 -2.9%

    薬局・化粧品 -2.9%

 

 

 

 業種別を見ると、4業種がプラス。2ケタ増の業種はなかった。

 伸び率トップの「家電」は6.4%の増加となり、2年連続で前年を上回った。次いで、「外食」は1月から5月ま

でプラスをキープして5.0%の増加となり、3年ぶりに前年をクリアした。「ホームセンター(+0.2%)」は3年ぶ

りの増加、「求人企画(+0.2%)」は4年ぶりの増加となった。また、統一地方選挙が4月に行われた事で関連する

折込広告の出稿が増えたこともプラス要因となった「その他」が26.5%増加した。

 

 

 前年同期比で20業種がマイナスとなり、11業種が2ケタの減少。

 下げ幅が最大の「一般金融・保険(-25.5%)」とともに、2ケタ増加した前年から一転して大幅な減少になったの

は「旅行(-19.0%)」「時計・眼鏡・貴金属(-15.7%)」の3業種。

 長期低迷の続く不動産は「不動産仲介(-19.6%)」が2割近い減少となって8年連続の前年割れとなり、

「戸建て(-13.2%)」「マンション(-9.2%)」は11年連続のマイナスとなった。

 ‘19年上半期は新車の販売台数が微増した「新車販売」は、販売の増加が折込広告の出稿に繋がらず14.5%の減少と

なり、5年連続で前年を下回った。’17年と‘18年は2ケタの減少であった「遊戯・娯楽(-9.6%)」と「百貨店(-2.9%)」

の下げ幅は縮小したが、7年連続のマイナスとなった。

 教育関連では「塾・予備校(-13.0%)」が2ケタの減少となり、「文化・カルチャー(-7.0%)」は3年連続のマイナス

となった。また、折込広告全体の2割を占める「スーパー(-3.1%)」はマイナス基調から抜け出せず3年連続の減少となった。

 健康食品通販の出稿が3年連続で減少した「特殊飲食料品」は3.4%減となり、ドラッグストアと化粧品通販の出稿が減少し

た「薬局・化粧品」は2.9%減となった。

 

 

<付表>

 

 

■調査概要

読宣の月次出稿調査同様、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良の各府県39地区78地点に設置したモニター宅に、2019年の1月

から6月までの6ヵ月間に折り込まれたチラシを回収し、集計。

 

ページトップへ
広告をご検討の方はお気軽にお電話下さい。
専門スタッフがご対応いたします。
0663679000