採用情報

INTERVIEW先輩社員インタビュー

多様な個性・経歴をもった先輩社員に、職場環境や思いについて語ってもらいました。

INTERVIEW01

洲鎌ちゅら

満員電車で揺られながら思いました。
働くことってすごいな、と。

大学ではマスメディアの研究をしていました。その一環で広告を制作する授業がありました。
ふだんTVCMや新聞広告、車内吊りなどをよく見ているのに、いざ自分で作るとなると難しい。そこがおもしろくて、広告というものに興味を持ちました。同時にアナウンスコースにも通っていまして、しゃべる勉強もしていました。もともと人と話をするのはとても好きで。広告+しゃべる=広告代理店の営業、というのがこの業界に入った理由です。
すごく単純かもしれませんが、私の中ではやりたいことが自然に決まっていたという感じです。

INTERVIEW02

種島智治

マーケティングデータがお客様の経営戦略を
変えることもある。だから手を抜けません。

私が所属するマーケティング課は、主に2つの業務に分かれています。
ひとつは折込広告の出稿状況をまとめる業務です。どの企業がいつ、どの地域で折込広告を実施したのか。世の中の動きをデータにする仕事と言っていいでしょう。例えば、このデータを調べれば、お客様のスーパーマーケットの競合店が何曜日に折込を実施しているかもすぐわかるわけです。
もうひとつは、営業向けの資料をつくる業務です。後々、お客様に渡る資料でもあります。例えばチェーン店のお客様が新規出店を検討されているとします。私たちマーケティング課は、その地域の人口、世帯数、競合店の売場面積等のデータを資料にまとめて営業に渡し、それを元に営業は折込や他の媒体の提案を行います。そのデータから売上予測を立てたりもしますし、場合によってはお客様が出店計画を見直すことや経営戦略の参考にすることもあるので慎重に取り組んでいます。
社内では、細かく、几帳面な性格と評価されることも多いですが、資料作りの熱意はお客様に伝わると思っています。だから手を抜けないのです。

INTERVIEW03

有馬孝郎

営業に特別な秘訣なんてない。
誠実な対応をすることに尽きます。

最初に配属されたときの直属の上司がとてもアグレッシブな方でした。新規開拓の飛び込み営業もガンガン行く。言葉で、行動でぐいぐい引っ張っていくタイプの上司でした。上司に少しでも近づきたいと私も営業に行くのですが、最初は結果が出ずきつい思いをしました。担当者に合うこともできず落ち込んだこともあります。
入社4年目に京都支社に転勤になり自由に、言い換えると自分で考えて仕事をしないといけなくなりました。
営業とはなにか。その答えがほしくて、営業に関する本を30〜40冊は読みました。保険会社のトップ営業の人に会いに行って話を聞いたりもしました。するとぼんやり見えてきました。本に書いてあること、話を聞いたこと、表現の差はあれど、誠実であることがいちばん大切であると言っていました。どんな問題も突き詰めればそこに戻ってくると。
私はいろんなことを試していきました。担当者の方に会っていただいたときは直筆の礼状を出しました。依頼されてなくてもお客様に役立ちそうな記事を見つけたらスキャンして送りました。なにごとも誠実な対応を心がけてから、だんだん結果が出始めたのです。仕事を受注すると楽しくなる。それでまた営業に行きたくなる。いい方向にサイクルが回っていきました。
飛び込み営業が得意なのではなく、楽しさを発見したという方が正しいですね。

INTERVIEW04

右近勇人

仕事は、人と人。
お客様と会うことがすべてのはじまり。

私は人が好きなんです。人と人で仕事がしたい。だから営業職で、と大学のときから考えていました。
なぜ広告業界を選んだのかというと、広告はお客様といっしょにひとつのモノを作り上げていく仕事というイメージがあったからです。人と人、ですよね。そしてお客様の予算で作るからには妥協が許されない。そんなところも自分の性格に合う気がしました。ですから、私にとって仕事とはお客様に会うことです。足繁く通って、絶えず話を聞いて。つねに新しい交流を求めています。仕事でもプライベートでも。

お客様と会い、何気ない会話の中に潜んでいる需要のヒントを発掘して、できることを提案していくのが私の営業スタイルです。

INTERVIEW05

寺田麻慎

広告で人が動く。その影響は大きい。
それがこの仕事を選んだ理由です。

学生時代に2年間、コールセンターで商品受注のアルバイトをしていました。このアルバイトで気づいたことがありまして、新聞広告や折込チラシが入った日は電話の数が急に増えるんですね。それまで、あまり意識することなく広告に接していましたが、こんなに大きな影響を与えるものなんだと。ペットショップや飲食店でもアルバイトをしましたが、そこでも同じ。やっぱり新聞にチラシが入った日はお客様が目に見えて増えました。広告って面白いなあ、と興味を持ったのが読宣に入社した理由です。
入社後、新入社員研修が1週間ほど、それとは別に読売グループの東京研修もあります。その研修を経て実際の業務に就くのですが、最初は先輩に同行して得意先を回ったり、新聞折込広告の手配業務を覚えたり。
昨年の10月から自分の担当企業を引き継ぎ、私なりにいろんな提案をさせていただいていますが、まだまだ覚えないといけないことばかりです。今年入社した後輩にも、あなたたちと全然変わらないよ、と言っています。

INTERVIEW06

上栗乙恵

座右の銘は献身。
全力で営業のサポートをしています。

私が所属している営業媒体開発本部は、営業をサポートするチームです。
弊社の営業は、それぞれがしっかりお客様と向き合い、お客様企業の集客や売り上げ拡大のための課題解決に取り組んでいます。その中で、新聞折込広告だけでは課題解決が難しいと判断したとき、お客様に何を提案すればいいだろうと相談を受けるのが私たちのチームです。
印刷、イベント、テレビ、ラジオ、紙媒体それぞれ担当がいまして、私はWeb広告を担当しています。プランの内容、予算、その他すべてを考え提案書にまとめるのが仕事です。
Webはお客様も仕組みをあまり理解されていないことが多く、慣れ親しんだ折込と比べて効果はあるのかと疑問を持たれることもあります。そういう場合は営業といっしょにお客様に出向き、クリエイティブプランも含めてしっかりご説明しています。

INTERVIEW07

大野哲夫

仕事の数をこなした奈良支社時代。
多くのお客様の声に鍛えられました。

読宣は新聞折込広告をメインに取り扱っている広告代理店です。しかし、折込はあくまでモノ・サービスを売るための情報を消費者に届ける手段のひとつ。マス媒体、交通広告、WEB広告、イベントまでさまざまな手段を使い分けて、お客様の課題を解決していくことが大切だと考えています。
課題を解決するための特別なノウハウは持っていません。しいて言えば、これまでの経験でしょうか。
私は入社2年目から7年目まで奈良支社で勤務しました。大阪に比べて営業部員の数は少なく、当時で私を含めて4人でした。その分、ひとりひとりが担当する企業の数が多くなります。つまり解決しなければいけない課題の数も多いということです。折込だけにこだわっていたらお客様の売上げを伸ばすことはできないし、柔軟な発想が求められました。
なんとかしてモノを売りたい、集客したいという多くのお客様の声に鍛えられたのかなと思います。奈良支社時代に、あらゆる手段を使ってベストと思える提案をする土壌が自分の中で出来上がりました。

INTERVIEW08

長谷川繁

営業とは自分自身を売り込むこと。
どの業界でも同じです。

もともとは家電製品を梱包する包装材メーカーに勤めていました。読宣に転職したのは2007年です。
転職の理由は日本のモノづくりが下火になっていくのではという不安からです。とくに家電製品は海外メーカーに押され、日本企業も開発は国内でしても、量産は海外工場で行うようになっていました。その点、広告はどんな時代になってもなくならないだろうと。
どちらかと言えば地味な包装材業界から、派手なイメージのあった広告業界への転職でしたが、営業という職種は変わりません。時間はかかるかもしれないけれど、この業界でも活躍できるのではないかと思いました。
私が考える営業とは、自分自身を売り込むことです。私という人間を理解していただき、お客様から好かれること。これはどの分野でも同じだと思っています。

当社の採用について

ページトップへ
広告をご検討の方はお気軽にお電話下さい。
専門スタッフがご対応いたします。
0663679000